蝶目の接線地:レジェンド 攻略

こんにちは( ・ω・ )
次のEP12アプデで実装を予定されている、レジェンドレイドの方の攻略をば
ユニークレイド版についても記載しておりますので参考程度に
※04/12 クリアできました!

蝶目の接線地とは

2020年1月に実装されたユニークレイド、
ならびに同年3月に実装されたレジェンドレイドです。

ライマの計画を妨害するために、魔将として選抜されたモリングフォニア君。
現在はヴァイガの手下として行動しています。
しかし、カルタスの手下であるタンタイザーお嬢様と、
隠れるようにして接触を試みていた過去があるようです。

クロノマンサーマスターに協力して、陰謀を阻止するためにうぅ~い!


蝶目の接戦地へ挑む条件・編成等

蝶目の接戦地の基本情報

概要

  ユニーク レジェンド
場所 碑石路
クロノマンサーマスターより開始
レベル 420
回数 レイドポータルストーン6個
同キャラクターで追加入場時、
必要数が1個ずつ増加
※カジュアルは3個固定
1.チームごとに週5回入場可能
2.入場回数を全て消費した後、
レジェンドレイドポータルストーン10個で追加入場可能
※レジェンドレイドポータルストーン必要数は、
※入場毎に1個ずつ増加/毎週月曜日6時に初期化

※1 クロノマンサーマスターに話を聞くクエストクリアが必須(会話するだけ)
※2 現在、F10キーで開けるID画面から無料で飛べます

スキル制限

使用不可 リバーシ、スワップ
回数制限 リザレクション、バックマスキング、サムサラ
※復活スキルは回数共有で、各人1回のみ
その他 リバイブ(CD5分に増加)
モダフィニル(バフ持続時間1/3)
アイスウォール(持続時間1/2適用)
EP12新規制限 お守り、ディスペラー、スキル呪文書の使用が制限

その他備考
・使用可能ソウルクリスタル:4個(LG)
・タンタイザー戦後、モリングフォニア戦前に外部補給可能
・タンタイザー戦とモリングフォニア戦で回数制限スキルは別カウント扱い
※制限時間1時間

取得可能称号

サーバーで最初にクリアしたPTのチームに付与
キャラクター接続毎に付与される
一定期間内にクリアできた場合、
クリアした全てのキャラクターに付与
※推定、実装から2か月後のアプデまで

※ハードモードでクリアする必要がある

レイドにはノーマルハード、2つの難易度モードがあります。
ハードモードはレイドのオリジナル版であり、
ノーマルモードはハードモードの難易度が高かったため、
プレイヤーのためにより簡単なオプションとして韓国で後日追加されました。

ノーマルモードはモスダストのみ報酬を得られます。
これを5つ集めると、ハードモード基本報酬のモスパウダー1つになります。


蝶目の接線地の準備メモ

アイテム類バフ系ステータス
ソウルクリスタル
レジェカラス同様、PT共通でレイドを通して4個まで使用可能。
タンタイザー戦はノーデスを目指し、使うならモリングフォニア戦で。

昆虫の懲罰&加護ポーション
主に女神の加護イベントで入手可能。
箱から昆虫型のポーションを選択して受け取っておく。

小エリクサー
PoPoショップから簡単に入手できる。
PTの火力にもよるが移動が発生するため、
特にヒラが1人のPTは念のため持ち歩けると即死トラブルを防げる場合が多い。

キッチン
ダメージ床を踏んだり、ギミック失敗で150kダメージを受けたりする可能性があるため、
特にサラダは食べて最大HPを上げておきたいところです。

エンチャント露店
デバフ時間減少エンチャントが有用です。
スワップ→石化で捕まっても、石化が早めに解除されるため、
無敵スキルや移動スキルで即死ダメージを免れることができます。
上記以外ですとクレバフ延長、魔防UP、確率無効がお勧めです。

メンテナンス/修理露店
攻撃/防御値補正、耐久修復もそうですが、
特にアーツを習得した露店の事前利用をお勧めします。
主に魔法攻撃を使われるためクロースアーツ露店、
火力職は防御面に不安がなければレザーアーツ露店がお勧めです。

HP
防御力にもよりますが、最低150k以上欲しいです。
200k以上確保できるとかなり安心できると思いますでも死ぬときは死にます。

攻撃力/防御力
火力職の攻撃力は25k以上あると良いと思います。
25k未満の場合は削るのに時間がかかると思われます。
防御力は30k以上欲しいです。50k近くあるとかなり安心できます。

回避
レジェモリは韓国でEP11のエンドコンテンツとして実装されたため、
実はクリティカル抵抗そんなに高くないです(モリングのクリ抵抗472)。
回避を盛れるとダメージ床などを避けることができるため、
クリ発よりも回避を盛れると安心かもしれません。
※今後実装される高難易度版はEP12基準


蝶目の接線地の編成メモ

アーツやEP12実装により、職制限はあまりないかと思います。
ただし、タンクはギミックの影響を受けない場面が多いため、
誰が一番タゲを取りやすいかPT内でわかると良いかもしれません。

一応、海外鯖で解説記事を投稿されている方々の投稿動画、
ならびに参加ビルドの一覧を記載してみました。
以下のガイドと併せて読むとギミックがわかりやすいと思います。

海外鯖の投稿動画
▼国際フォーラム投稿者の戦闘動画
レン鷹メルゲン、ソサネクフェザー、プリオラパド
プリジロルビ、ババドペブロ
※投稿主がタンク(ババドペブロ)の動画
※本記事翻訳元の参考にさせていただいた方でもあります

▼みんな大好きBong兄貴の動画

プリオラルビ(投稿主)、レンフレメル、プリクリジロ
パイエレソサ、サパ鷹マスケ

▼INVENレジェモリング解説投稿兄貴の動画

プリオラルビ(投稿主)、パイエレタオ、パイエレ陰陽師
クリプリドク、リンアサバレ

▼編成メモ所感

タンク火力ヒーラーギミック担当
タンタイザーとモリングフォニアのタゲを安定して取れる火力orタンク
ソードマンがいる場合はプロヴォ特性ONで安定してタゲが取れる
ソードマンがいない場合はPT内で要相談

タンクはギミックの影響をほぼ受けないので、
PTで誰がタゲを取れるか事前にわかると捗ります
というよりわからないとモーフでぐだってしまいます
回避積むと楽になれる

スムージーかアタカ(ドラゴンの気有だと○)が使える火力職、
あるいはリリスセットのソサネク
2~3人はいないと、時間経過ギミック系(きのこ・注視等)がかなりきついです

また、アチャがいる場合は回避が上がるスウィフトステップ、
wizがいる場合は被ダメカットのマジックシールドが基礎系統スキルにあるため、
非常に頼りになると思います。

リバイブが神なためプリースト入りビルド推奨
プリースト以外のクラスはどれも活躍できるので任意と思われる
・混乱やスタンを防いだり、被ダメ減らしたり等できるオラクル
・CD減少効果バフが非常に強いティルトルビー
・生インクリースマジックDEFが使えるパードナー
・庭園アーツONのドルイド
・設置回復、無敵アーツメルカバ等使えるカバリスト
・移動速度UP、アーツHF等のプレイグドクター

ヒラ2人以上編成する場合は、クリヴィスやジーロットなどの、
バフ・デバフが得意なクラスも組み込めると良いと思います。

ギミックを安全に処理できるクラスがいくつかあるため、
PTに余裕があればいるとめちゃくちゃ助かります(主に火力兼任)

黒球体を制動できるクラス
└クリオマンサー、陰陽師、ドルイド(ソーンバイン)等
呪いを安定して受けられるクラス
└エクソシスト(HP1で耐える)、シャドウマンサー(ハルシネーションでダメージ受け)
※メガテの無敵モーションをキャンセルして受けることも可能な模様)


蝶目の接線地攻略

INVEN、国際フォーラムに投稿されている攻略記事をベースにまとめています。
そのため、翻訳っぽい文章が並んでいますが気にしないでください。
※クリアしましたので、文章もある程度精査していきます


◆基本攻略情報

このレイドは3つのセクションに分かれています。
まず、開始地点にいるNPCと会話し、タンタイザーの手下と戦います。
タンタイザーを倒し、その後すぐにモリングフォニアを倒さなければなりません。

レイドの制限時間は1時間です。
いずれかの時点で失敗した場合は、最初からやり直す必要があります。

このレイドには多くのギミックがあり、
それらの多くは正しく処理しなければ致命的結果になります。
成功するためには、チームとして動く必要があります。


◆タンタイザー戦

タンタイザーは、彼女の残りHPに基づいて3つのフェーズに分割されます。
残りのHPが2%に達すると、戦いは終了します。
この戦いは、魔法陣の設置と回避を中心にテーマ付けられています。

フェーズ1:100%~70%

タンタイザーは様々な攻撃を行います。
この時間をかけて彼女の攻撃を学び、回避と対処に適応してください。

★5つの剣

タンタイザーは、自身の周りに5本の剣を召喚して地面に叩きつけます。
5つの場所を剣で打った後、彼女は周囲にエネルギーの爆発を起こします。
この攻撃はフェーズを経る毎に強力になり、
彼女の最も致命的な攻撃の1つになります。

エネルギーの爆発は3HITし、後述する磁場デバフを一気に3スタックしてしまいます。
それを避けるためにジャンプ回避をしましょう。

彼女はレイド中、定期的にこの攻撃を繰り返します。
また、彼女との戦闘は必ずこの攻撃から始まります。

▼磁気エネルギー(デバフランク99)

タンタイザーは、タンクプレイヤー以外のプレイヤーに攻撃を当てるたび、
彼女は1スタックの磁気エネルギーデバフを付与します。

このデバフはそれ自体では何も起こりませんが、
20スタックに達すると、プレイヤーは磁場に囲まれます。
これはプレイヤーの周囲にとどまり、追従します。

▼磁場発生時のエフェクト

この磁場は該当プレイヤーにダメージを与えませんが、
他のプレイヤーがあなたの近くにいる場合、
その人にある程度のダメージを与えてしまいます。

これにより、今後のギミックの対処がはるかに難しくなります。
20スタックに近づいている場合、30秒経過すればスタックが消えるため、
スタックの持続時間が切れるように動いてください。

磁場も30秒後に消滅します。
このギミックは戦い全般を通して持続します。

※備考
高スタックの場合はわざとダメ床を踏んで、遠くで磁場を発生させる対処法もあり
→ディーリング中に磁場が発生すると味方の被弾が増えてしまうため


★95%:マジックコンデンセーション

95%に達すると、彼女はすぐにランダムなプレイヤーに呪いをかけます。
これは、白カラスの永眠地の呪いアイコンに似ています。

▼こんな感じのアイコンが出ます

5秒後、地面に稲妻のフィールドが生成されます。
この稲妻のフィールドは永続的であり、タンタイザーが倒れると消えます。

呪いに選ばれた人は、フィールドの端まで走り、
呪いが終わるのを待って稲妻のフィールドを壁際に捨ててこなければなりません。
中央付近に生成されてしまうと、戦いを続けることが難しくなります。

▼割と痛めでなおかつ磁場デバフもスタックしてしまいます

稲妻のフィールドが他のdotフィールド(磁場等)上で発生してしまうと、
呪いを持っていたプレイヤーは大量のダメージを受けてしまいます。
それらが互いに近すぎないことを確認してください。恐ろしい勢いでHPが減ります。

マジックコンデンセーションは、タンタイザーが倒れるまで45秒毎に繰り返されます。
戦いに時間がかかりすぎる場合、稲妻のフィールドはあまりにも多くの戦闘区域を覆ってしまい、戦闘を続行できなくなります。

間違った場所に設置された稲妻フィールドは、進行するにつれて位置決めが非常に厳しくなり、
以下の重要なギミックを隠してしまう可能性があります。


★80%:ナーブ召喚床

HP80%から、その後HP20%ごと(80/60/40/20)に、
タンタイザーはポップアップメッセージと共にフィールド上のランダムな場所に
紫がかった灰色の円を生成します。

▼矢印の先にある紫っぽい円

プレイヤーはこの円の中へ移動して立つ必要があります。
プレイヤーがその中にいない場合、
プレイヤーを攻撃するナーブが定期的に2匹召喚されます。

これらのモンスターには紫色のオーラがまとっており、
近づいたプレイヤーに大きなダメージを与えます。
そのため、出現したらすぐに倒す必要があります。めちゃ痛いです。

一般に、ヒーラーまたは遠隔DPSがこれらの円を処理する必要があり、
ナーブが出ている場合は、ナーブを処理できるように円から引き離す、
あるいは倒す必要があります。

15秒~30秒ほど円の中に立つと、召喚床は消えます。
プレイヤーが早く対処できた場合、ナーブは生成されず、戦う必要がなくなります。


★75%:極性

レジェンドレイドで登場するギミックです。
「後ほど、極性が変換されます」というポップアップが出ます。

75%になると、タンタイザーはタンク以外の4人のプレイヤーにデバフを与えます。
2人のプレイヤーは陰極を負わされ、残り2人のプレイヤーは陽極を負わされます。
これらは、プレイヤーの周りに赤と青のチェーンとして表示されます。

▼赤と青の二極

同じ色のチェーンを持つプレイヤーは、絶え間ないダメージを避けるために、
互いに隣り合って立つ必要があります。
プレイヤーが同じ色のチェーンの隣にいない場合、
3秒毎に最大HPの7%のダメージを受けます。
※このダメージで磁場デバフはスタックしません

常に同じ色の近くにとどまることは困難な場合があります。
また、誰かに磁場がかかっている場合は不可能であり、
ヒーラーが問題なく管理できる必要があります。

受けるダメージ自体はそうでもないのですが、
ヒーラーに負担がかかること、ノックバック→デバフ床事故を考えると、
できるだけ隣り合って戦い被弾を減らした方が良いです。

これらの極性は90秒ごとにプレイヤー間でランダムに再割り当てされます。
タンタイザーのHPが35%に達すると、ギミックは適用されなくなります。

フェーズ2:HP70%~30%

タンタイザーは上記の攻撃を継続しますが、
対処するためにいくつかの新しい要素を追加します。

★5つの剣

剣で叩いた場所から外側に流れる多数の稲妻フィールドを地面に設置します。
これらのフィールドは、プレイヤーが上に立つと大ダメージを与えます。
タンタイザーからのノックバック攻撃に見舞われ、ここに押し出される可能性もあります。

▼稲妻フィールドが広がり始めます

これにより、プレイヤーが準備できていない場合、
短い時間でプレイヤーが死ぬほどのバーストダメージが発生してしまいます。
HPが十分にあることを確認し、フィールドを避け、死なないように攻撃も避けてください。

一般的に、タンクが壁付近へ彼女を誘導することで、
これらの雷円が多く生成されないようコントロールすることが良い方法として考えられます。
※上SSが壁際に誘導している状況のものです

使用後の彼女と戦う時も、安全スペースの多い場所へ移動することもできます。
攻撃にはクールダウンがありますので、タンクが快適だと感じる場所へ誘導できれば、
彼女が次にこれを繰り出すまでにダメージを与え、
他のギミックを処理する十分な時間があります。

稲妻のフィールドが消えた場合、CDが開けて再使用されることを示します。
その場合、彼女が攻撃を再度繰り返すまでの時間があまりないので、それに備えてください。


★70%:動力源を召喚

HPが70%に達すると、戦場の側面から黒色の球体を呼び出し始めます。
これは、このタイミングからタンタイザーが倒れるまで2分毎に発生します。
これらの動力源はプレイヤーを傷つけることはなく、
タンタイザーに向かってゆっくりと進みます。

▼動力源召喚シーン

オーブがタンタイザーに到達すると、オーブは彼女に重なって止まり、
「私怒りましたわ!!」と呼ばれる謎の名前のバフスタックを彼女に与えます。

▼お嬢様か関西人説あります

タンタイザーがこのバフを15スタックすると、次の瞬間全体即死攻撃を行います。
これにより全てのスタックが削除されますが、
どこにいてもPTメンバー全員が殺されてしまいます。

これらの動力源が登場するタイミングについて、常に計画を立てておく必要があります。
PT全体の与ダメージが少ない場合、動力源を早く倒すために、
重要なスキルのCDが表示されたら温存しておく必要があります。
動力源は、彼女と重なるように移動し、動いていない時にのみスタックを付与します。
※変異型なので固めです。変異懲罰Pあると気持ち楽かもしれません

対処方法
・ノックバック/ノックダウンスキルで制動し、スタックを防ぐ
・タンカーがタンタイザーを抱えて移動し、物理的にスタックを防ぐ
・移動不可、凍結デバフなどで動力源の移動を止める

バフスタックは時間の経過で削除されることはありませんが、
15スタックに到達する前に彼女を倒す限り、心配はありません。

動力源の扱いにまだ慣れていない場合、
プリーストは15スタックに達した際にリバイブを使うべきです。
彼女が15スタックに到達した後、
リバイブをキャストする十分な時間があるため、全員が全滅から救われます。

フェーズ3:30%~1%

★30%:ライトニングダッシュ

レジェンドレイドで使用するスキル。
厳密には、一定数以上の磁場デバフを抱えたプレイヤーがいる場合に使用するため、
30%よりも前に使用される場合もあります。
※後半になるとダメージを受ける機会が増えるため、磁場デバフのスタックも増えます
※特に注意するタイミングが30%頃からです

タンタイザーは剣を前に構えて、赤いAoE枠が出現し、彼女の前の地面を覆います。
その後、彼女は前方にダッシュし、電信されたすべての場所に緑色の稲妻が落ちてきます。
彼女はしばしばこれを2~3回繰り返します。


この突進攻撃により非常に大きなダメージを受けることになります。
絶対に避けてください。
※雷は痛くないですが、タンタイザー本体の突進ダメージが比較的高めです

また、五つの剣の雷円が3線から5線になります(大の字に広がるイメージ)。
磁場、雷円、コンデンセーションが入り乱れてトンデモフィールドになるため、
注意して移動してください。


まとめ

この戦いは、定期的に行われるギミックを処理しながら、
デバフ床を正しく配置していくことが重要です。

タンタイザーにダメージを与えようとしている時に対処することが多くなります。
彼女のギミックのいくつかは時間に基づいて発生するため、タンタイザーにダメージを与え続け、圧倒されないようにするには、比較的良いペースでDPSを実行する必要があります。

タンタイザーが2%に達すると、彼女は倒れます。
モリングフォニアと戦うために前進する前に、
あなたはバフしたり、回復したり、休んだりするだけの時間を持っています。

タンタイザーに対して0死を目指してください。
モリングフォニアを倒すためのベストショットを得るためには、
できるだけ多くの復活者と利用可能なソウルクリスタルが必要です。
背後への戦いへの入口をふさいでいるゲートも消えるので、
メンバーが何らかの理由でレイドから退出した場合、
そのエリアに再び参加することができます。
※モリングフォニア戦に入ると戦闘区域に入れなくなってしまうため注意!

最後に、もしあなたのPTがモリングフォニアに敗れてレイドを離れた場合、
あなたは再びタンタイザーを倒さなければならないことを覚えておいてください。


◆モリングフォニア戦

モリングフォニアはフェーズに分割されませんが、
ギミックをいつ行うかを決定する多数のHPブレイクポイントがあります。
彼女のギミックには多くの人手が要るので、DPSを落とし、
表示された通りにギミックを処理したい場合があります。
あまりにも多くのことを一度に行うと、それらを処理することができなくなりますので、
あなたが快適でない限り、HPをさらに削る前に時間をかけてギミックに対処してください。

最初に、戦闘全般を通して持続する一般的なメカニズムについて説明します。
その後、最初に発生するHP%とともに、表示されるギミックを調べます。
全てのギミックは、戦いを通して複数回繰り返されます。
最後に、攻撃を使用するHP%の全リストを提供します。

通常攻撃と毒耐性スタックについて

モリングフォニアは、定期的に行う様々な攻撃で構成されていますが、
特に注意する必要がある、いくつかの攻撃があります。

▼気をつけたい通常攻撃

飛び回り攻撃(混乱)叩き付け(スタン)
彼女との戦闘でまず最初に必ず行う(そして時間が経つにつれて再度繰り返す)ことは、
飛び回り攻撃です。極端な数のAoEサークルを地面に配置します。
これらはあまり大きなダメージを与えることはありませんが、
攻撃された場合混乱デバフが付与されてしまいます。

AoEサークルには注意を払い、安全な場所に移動するだけで、攻撃を完全に回避できます。
あるいは、オラクルがいる場合プロフェシーでデバフを防ぐことができます。


この後、混乱デバフを受けた人めがけて突進攻撃を行います。
ノックダウン効果があり、威力も高いので
できる限り混乱を受けないよう立ち回りましょう。
下手をするとこのノックダウンで注視床の上に落ちて死んでしまったり。

彼女はレイドの全てのメンバーの足元に赤い円を作成します。
1秒後に彼女の分身が現れ、その場所を叩きます。
ダメージは小さいですが、スタン状態になってしまいます。

これはギミックを扱う上で問題を引き起こします。
彼女が誰かをスタンさせた場合、彼女はその人をターゲットにして、
1-2回突進攻撃ですぐにフォローアップします(混乱と同様)。

この攻撃は十分に離れていれば回避できますが、
非常に大きなダメージを与え、十分な防御力がない場合でも、
完全なHPからでもプレイヤーを殺すことができます。

▼毒(レジェンドレイド要素)

戦いに入ると、全てのプレイヤーは毒耐性と呼ばれるバフを獲得します。
このバフは99スタックします。
あなたがモリングフォニアと戦うとき、彼女は様々なギミックを起こします。
それらが正しく対処されないと、この毒耐性スタックを取り除いていきます。

当該レイドにおけるプレイヤーの第二のHPになりますので、
これが0にならないよう最大限立ち回る必要があります。でないと死にます。

戦闘区域の中央、北と南に2つの円があります。
これらには番号カウンターがあります。
1分後、これらは10/10から9/10、8/10などにカウントダウンを開始します。
数字の9-4から円が緑色に代わり、10になっていないことを示します。
3-1から赤に変わります。


サークルが赤(残り3-1カウント)の間、サークルは5秒毎に戦闘区域全体に毒を放出し、
全てのプレイヤーから2つの毒耐性スタックを取り除きます。
両方の円が赤の場合は、4スタックを失っていきます。
毒耐性スタックがない場合は、時間の経過とともにダメージを受け、
より多くのダメージを与える毒デバフを獲得します。
一定量のスタックに達した後、致命的な毒が部屋全体に脈動し、全員を殺します。
※全体即死=レイド強制終了

プレイヤーがこのサークルに立つと、
サークルはカウントダウンする代わりにカウントアップを開始します。
10/10に達すると円が青色に変わり、10/10で1分間ロックされます。
円の中に立っているプレイヤーは、カウントを戻すために毒耐性スタックを失います。
また、クリスタルのカウントが10/10であってもスタックを失うので、
積み上げていない限りその中に立たないでください。
※モリング戦開始後、この円の中からスタートになる場合もあるため急いで離れる

9/10または8/10に達したらすぐに足を踏み入れると、
スタックを最小限に抑えながらすばやく10/10に戻すことができるため、
迅速に対応することが理想的です。毒耐性スタックがない場合、
クリスタルのカウントを増やすことはできません。

このギミックは、戦い全般を通して持続します。
どのようなギミックが発生していても、プレイヤーはこの2つのサークルを監視し、
それらが低くなりすぎないようにしなければなりません。

早く10/10に戻すと10/10にロックされるのが早くなり、
通常通りレイドに対処し続けることができます。
特定の個人を割り当てて処理することも、誰もが監視することもできます。
これらのカウントをバックアップすると、
毒耐性スタックのコストがかかることに注意してください。

したがって、同じ人がそれを処理し続けると、スタックを使い果たして、
それ以上クリスタルを修正できなくなる可能性があります。
毒耐性スタックが残っていない場合、
スタックを強制的に削除するギミックが失敗すると、危険または致命的になります。

※まとめ
今後行われるギミックに失敗すると、毒耐性スタックをどんどん奪われてしまいます。
PT全体のDPSによっては、ボスを倒す前に耐性がなくなってしまい、
致命毒により強制終了となってしまいます。
毒耐性管理は特に注意を払いましょう。

95%:ブラックビッググリバー

HPが95.99%に達すると、戦場のランダムな場所に青いポータルを召喚します。
数秒後、ブラックビッググリバーが出現し、プレイヤーを攻撃します。

▼青いポータルからきのこが!

戦いが進むにつれて、ポータルから複数のグリバーが出現します。
彼らは走り回って標準的なパンチ攻撃を行い、倒れると複数のミニグリバーに分割します。
これらのミニグリバーは死亡すると緑色のガスで爆発し、
近くの人から1つの毒耐性スタックを取り除きます。
これは永続的なものではなく、1スタックの即時削除です。

1つのグリバーなら心配する必要はありませんが、
HP%に基づいて戦闘中一貫してこれらを呼び出し、殺さない限り消えません。
結果として、彼らを倒すことは最優先事項ではありませんが、
走り回って一気に殺し過ぎないように、
彼らを取り除くことが重要です。最後に、彼らを倒した時、
ミニグリバーを倒す前に逃げることを忘れないでください。

モリングフォニアはビッグブラックグリバーの召喚中に、注視を使用することはありません。

94%:スワップ

「気に障るようなマネはせずに、じっとしていろ!」
モリングフォニアは彼女の頭の上に詠唱バーを作成し、スワップを詠唱します。
彼女はランダムなプレイヤーを標的にし、
頭の上に紫色の呪いのアイコンを付与し、対象と自身の位置を交換します。
※このアイコンデバフ扱いのため、プロフェシー中表示されないという欠陥があります

位置交換後、プレイヤーが登場した場所の周りに大きな灰色のガス雲が表示されます。
1秒後にこの雲にいるプレイヤーは石化します。
モリングフォニアはその場所に大きな赤いAoE円を投げ、
その中にいるプレイヤーを彼女の近くに引き寄せ、ヒットした人を即死させる攻撃を行います。
彼女の引き寄せは示されている範囲よりもはるかに広い範囲に広がっているため、
彼女の近くにいないようにしてください。

スワップが発生すると、誰もがモリングフォニアから離れなければなりません。
ガス雲は常に彼女が立っていた場所に表示されるからです。
(彼女はその場所の上でランダムなプレイヤーをワープさせます)

選ばれたプレイヤーはできればテレポーテーションなどの移動スキルを使用して、
できるだけ早くエリアから出るべきです。
プレイヤーが石化して引き込まれた場合、プレイヤーは死んでしまうので、
リバイブなどを発動する必要があります。

■メモ
・スワップ後、石化前にテレポ等で脱出可能
・引き寄せ後、即死攻撃前に石化が解除されるため後方跳躍で脱出可能
※デバフ時間減少エンチャ必須
・フェイドで石化の対象にならないようにすることも可能
※フェイド中はクリスタルのカウントが進まないため注意

92%:ブラインド

このHPに到達すると、モリングフォニアはすぐにすべての人にブラインドを負わせます。
戦場の両側のランダムな場所に赤いポータルが表示され、
しばらくするとリタスウォートボスモンスターがHP90.3Mで登場し、
15秒のスキルを詠唱し始めます

▼画面が暗くなるため、手分けして探します

▼赤いポータルが目印!

リタスウォートをこの時間内に倒さないと、
すべてのプレイヤーに150kの固定ダメージが与えられ、
20個の毒耐性スタックが削除されてしまい、リタスウォートは消えます。

プレイヤーがポータルを素早く手分けして見つけ、
それがどこにあるかを伝えることが重要です。
※チャットで報告する場合は時計の位置報告法が便利(3時方向の3など)
※「右」と「左」を間違える事故が発生したので気をつけましょう!

赤いポータルは触れるとリタスウォートを早めにスポーンするため、
全てのプレイヤーがモンスターを倒す場所にいない場合は、
準備ができるまでポータルに触れないでください。
ポータルに触れるとブラインドが削除され、リタスウォートを倒します。

HPが高いため、リタスウォートを時間内に確実に倒すために、
ブラインドギミックが発生した時にスキルCDの時間を計ることが大切です。
20の毒耐性スタックを失うと、戦闘に支障をきたす可能性が著しく高いため、
安易に攻撃スキルを使用することは絶対にすべきではありません。

※メモ
戦闘不能状態の人にはブラインドデバフが付与されないため、
リタスウォートがどこに沸いたかすぐに見つけることができます。

87%:レイズ


上図のような円が複数生成されます。
数秒後、モリングフォニアはレイズを詠唱します。
小さな円のいずれにも入っていないプレイヤーは空中に上げられ、攻撃を受けます。
これにより、プレイヤーは10の毒耐性スタックを失います。
スタックがない場合は死亡します。
他のプレイヤーとサークルを共有することはできません。

レイズが近づいてくると、時間内に輪に入れるよう、中央付近にいることが重要です。
1回または2回のレイズは大したことではありませんが、このギミックは複数回発生するため、
あまりにも多くの毒耐性スタックを失う余裕はありません。

※レイドを通して1回は安置に入らないと、PTのDPSによっては戦闘が終わる前に耐性が0に
→下手をするとクリスタルのカウントアップができずに強制終了してしまいます

■メモ
・モリングがレイズの攻撃モーションに入った後は安置から出てもOK
・安置に入れる時間は3秒くらいしかないので、戦闘は中断して逃げる準備を必ず行うこと
・レイズで落下する味方に当たっても耐性を失う、らしい

80%:呪い

これは、このレジェンドレイドで最も致命的な2つのギミックの1つであり、
非常に慎重に対処する必要があります。
モリングフォニアはランダムな人を呪いの標的に選びます。
ほんの数秒後に、その人の周りの地面に紫色のリングが形成されます。これは動きません。

▼このような紫色の円が発生します

プレイヤーがリングを離れる、または5秒が経過すると、
プレイヤーと近くの誰かが即死します。

ただし、これが発生する前に別のプレイヤーがリング内にいる場合、
そのプレイヤーは代わりにある程度のダメージを受けるだけで、
呪いは他のプレイヤーに移ります。

正攻法
タンク以外のプレイヤーに呪いを4回転送することです。
全員の間で呪いを移した後、呪いは最後の人を殺しません。
呪いは転送するたびにより多くのダメージを与え(最大HPの15%、30%、45%、60%)、
リングのサイズが大きくなります。

PTは、理想的にはモリングフォニアから離れたきちんとした場所におり、
呪いを慎重に移すために、呪いが始まる前に広がっていなければなりません。
理想的には、PTにとって最も快適なものであれば、事前に順序を割り当てて問題ないです。
最初の呪いは常にランダムな人に適用されるため、
プレイヤーは呪いを誰から受けているかを覚えてから順番に進むことが重要です。

これは、韓国プレイヤーがパイドパイパーのリートデスベルトバウムを使用して、
無視していた難解なギミックです。呪いからのダメージを防ぎ、
プレイヤーを生かす助けをしましたが、修正されて機能しなくなりました。

代わりの戦略は、呪いの対象になった人は誰でも自分で逃げて死ぬことです。
韓国プレイヤーが複数のプリーストを連れてくることは珍しくありません。
2人のヒラでリバイブを回転させて、全ての呪いのフェーズを適切に無視するのではなく、
単にそれを無視します。
あなたはあまりにも多くのDPSを放棄することはできません。
さもないと死ぬか、モリングフォニアを時間内に倒すことはできません。

特殊法
エンクラテイアで即死ダメージを耐える
呪いの対象Aからエクソシストが呪いを受けます。
その後、呪いが発動する前にエンクラテイアを使用することで、
どれだけのダメージを受けてもHP1で耐えることができます。
※呪いを受けた人や処理する人以外は早急に離れましょう

つまり、リバイブを呪いで使う必要がなくなります。
ちなみに、このSSは呪いを引き受けようと近づいたら、
呪いの対象が転送する前に呪いの円から出てしまい私が死んだ(リバ発動)図です。
エクソがPTにいる場合は、エクソに呪いを転送したのを確認してから逃げてください。
※転送するのに1-2秒ほど時間がかかります


ハルシネーションでダメージを免れる
ハルシネーションで分身を出した後に円に入ると、
呪いの転送がされずにギミッククリアとなります。
自身が最初に呪われた場合でも即死ダメージを分身が吸うため
円は自動的に消えます。

ただし、上述しました通り、呪われていない人は
この円が見えたらすぐに逃げてください。

メガテのセット効果モーションキャンセルでも対処可能とのことですが、
当環境では未確認のため、情報として残しておきます。

79%:注視

モリングフォニアは、ランダムな人の名前を呼び出します。
数秒後、モリングフォニアはそのプレイヤーに紫色の炎を投げ始めます。
これらの炎は非常に長い間地面にとどまりますが、永続はしません。
この上に立ったプレイヤーは大きなダメージを受けます。

▼踏んだら死ねるやばい床

彼女は、紫の炎を6タイル、1秒間隔で投げ、75秒毎に繰り返します。
注視されているプレイヤーが他のプレイヤーに触れた場合、
彼女は投球の途中でターゲットを変更し、代わりに他のプレイヤーに投球を開始します。

注視されているプレイヤーは、戦場の中央から逃げる必要があります。
できれば、戦場の側面に移動し、壁に沿って安全なスペースに炎を配置してください。
炎がクリスタルのリングの中央付近に配置されると、
カウントが低くならないようにすることが困難または不可能になる可能性があるため、
そこに配置しないことが不可欠です。
※回避を積んでいる場合、Dodgeが発生するのであえて移動せず一か所にまとめるのも手
※後述するモーフ解除に失敗し、敵対した人はこれに乗ってもダメージを受けません

注視は特定のHP%で発生し、タイマーで作動するため、
いつ発生するかをいつでも知ることができます。
ターゲットを絞った場合に備えて事前に配置することが理想的です。

タンクかどうかは関係なく、プレイヤーの誰でもターゲットにすることができ、
一見理由もなくターゲットを切り替える場合があります。
そのため、プレイヤーは安全な場所に炎を配置する準備ができている必要があります。
注視がトリガーされるタイミングを追跡するタイマーがあると便利です。

注視を使用している間、モリングフォニアはブラックビッググリバーの呼び出しを停止します。
この2つが同時に発生することはありません。

74%:モーフ

これは、このレイドにおける2つの非常に致命的なギミックのもう片方です。
慎重に対処しなければなりません。

モリングフォニアは、タンクプレイヤーを除くすべてのプレイヤーを変身させます。
モーリンガになり、ホットバーは3つのボタンに変わります。


唯一効果のあるボタンは2番目のSです。
他のプレイヤーに近づいてスキルを使用すると、
他のプレイヤーは浄化され、モーリンガではなくなります。
モーリンガが1匹だけ残ったら、それらも自動的に浄化され、ギミックは解決されます。
モーフは15秒続き、Sスキルは1回しか使用できません。

15秒が経過する前にプレイヤーから浄化を受けない場合、モーフは解除されますが、
全てのキャラクターならびに敵と敵対状態になります。
これにより、敵のみならず他プレイヤーからもダメージを受けるようになり、
デバフを受けていないプレイヤーにあなたは攻撃できるようになります。

この状態では、他のプレイヤーにサポートスキル(ヒール、リバイブ等)を使用できません。
この効果は、残りの戦闘にわたって永続的であり、プレイヤーが死亡しても解除されません。

ペナルティが永遠に続くため、これを正しく処理することが絶対に必要です。
モーフは戦闘中に複数回発生し、早期に失敗した場合、レイドは基本的に終了します。
最後のモーフを除くすべてのモーフ前にレイズを必ず使用してきます。

レイズはセーフティサークルを見つけるためにプレイヤーを散開させるので、
レイズを処理し、モーフを処理するために素早く位置を取得することが重要です。
タンクは決してモーフしないので、
モリングフォニアの攻撃により、スキル発動が潰されないように、
モリングフォニアをモーフプレイヤーからかなり離れた場所に誘導&維持する必要があります。

これの対処には複数の戦略がありますが、
一般的に受け入れられている戦略は順番を割り当てることです。
プレイヤーはそれぞれ1~4の番号を取得し、割り当てられた順序で互いに浄化します。
浄化されているプレイヤーは動かない、浄化を行うプレイヤーは移動することを意識します。
スキルを使用する機会は1回しかなく、その後クールダウンに入るからです。

この方法での処理方法の例:
プレイヤー1、2、3、4

プレイヤー2がプレイヤー1を治癒する
プレイヤー3がプレイヤー2を治癒する
プレイヤー4がプレイヤー3を治癒する
プレイヤー4は自然治癒する

名前や見た目だけでお互いをとっさに区別することは難しいです。
一般チャットで「!!(番号)」黄色文字を出しましょう。
全員の頭の上に番号を振り当てて上記の戦略を実行するか、
単に位置に基づいて順番に解除するか選択します。

プレイヤーが浄化されるとギミックのやりとりがなくなるため、
モリングフォニア戦に戻ることができます。
すぐに別の厄介なギミックをフォローアップするため、
モーフが完全に解除されるまで待ってから、
モリングフォニアをさらに攻撃することをお勧めします。

■メモ
・敵対してしまった人はきのこを処理したり、浄化石のカウントを見たりするとヨイ

◆モリングフォニアギミックリスト

これらはすべて、モリングフォニアとの戦闘中に発生するメカニズムです。
これ以降は、上記のすべてが特定のHP%で設定された順序で繰り返され、
まずます危険な方法で順序付け及び時間調整がされます。
ギミックがまだ発生していて、戦場の中央にある2つのクリスタルをまだ処理している間は、
DPSをチェックしておくことが重要です。

HP ギミック 備考
95.99% ビッググリバー ミニグリバー討伐時に毒耐性1削除
倒す際は離れる必要あり
94.99% スワップ 即死攻撃のため避ける
スワップ前にモリングがいた場所が危ない
92.99% ブラインド
+リタスウォート
ポータルに触れると即沸きするので、
容易に触れず一気に倒す
触れなくてもしばらくすると沸く
87.99% レイズ→スワップ レイズは安置を探す
その後すぐにスワップが発動する
80.99% 呪い タンク以外の四人で呪いの円を踏む
あるいはリバイブかエクソ等で対処する
——-↓注視↓——-
79.99% 注視 注視された人が他プレイヤーに触れると
注視対象が変更される
壁際に紫床を捨てに行く
回避できるならその場に注視床を溜める
74.99% レイズ→モーフ 順番を決めて15秒以内に対処する
70.99% ブラインド
+リタスウォート
 
65.99% 呪い  
59.99% レイズ→モーフ レイズ後にモーフ
——-↓グリバー召喚↓——-
50.99% ビッググリバー  
49.99% レイズ→スワップ  
45.99% ブラインド
+リタスウォート
 
35.99% 呪い  
34.99% レイズ  
27.99% スワップ  
——-↓注視↓——-
19.99% 注視  
19.99% レイズ→モーフ  
18.99% 呪い  
15.99% ブラインド
+リタスウォート
 
9.99% モーフ&スワップ 7%まで一気に削ると先にレイズから入る
モーフ解除前にスワップの可能性あるため
落ち着いて対処する
8.99% 呪い 7%まで一気に削るとレイズもあわさり
動けず死ぬしかなくなる
7.99% レイズ  

まとめ

これは間違いなく、彼らがこれまでに導入した中で最も困難なレイドです。
カースやモーフなどのより難しいギミックを理解するのに苦労していて、
クリア後も完全には理解していなかったため、
韓国では最初のクリアPTが出るまでに1日かかりました。

戦いは多くの難しいギミックと共に公平なDPS要件が課されるので、
クリアできたのなら間違いなく素晴らしいことです。

私見

カラスとは違い、協力しないといけないギミックが多いのが印象的ですね
討伐時間はクリアPTで大体15-20分前後な気がします

あとは、攻略動画とか見ているとプリ二人編成の所が多いですね
片方がクリorジロ入りなのもよく見かける気がする(‘ω’)クリティカルオブセイヴァーfeat.アタカ

レジェンド魔職アクセ欲しいので皆さんも頑張っていきましょう(/・ω・)/
ちなみに得られる報酬は過去の記事でほんのちょこっとだけ触れています


参考

INVEN – Bong氏のレジェンド解説記事
国際鯖フォーラム – 蝶目の接戦地:レジェンド ガイド

2 件のコメント

  1. ROM専のぺsays: 返信

    更新お疲れ様です。
    レジェンド詳細攻略記事感謝。
    見やすく丁寧にまとめられてて、
    毎回お世話になってます。
    EP12の情報多めで大変ですが、
    スタートダッシュ頑張りましょう!!٩( ‘ω’ )وウオオオオ

    • Velvetsays: 返信

      おつありです(`・ω・´)ゞ
      翻訳元の記事からしてもう読みやすくて神ィ……ってなりました!

      EP12はかなり一気に来ますよね……アーツでもやばかったのにィ!!
      頑張ってEP12環境も頑張っていきましょうぞ(/・ω・)/
      ヴァイガ様に会いたいんじゃ^~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP